LOW PILL 低用量ピルに関するFAQ

低用量ピルに関するFAQ

低用量ピルを検討中の方 低用量ピルを検討中の方

低用量ピルの服用
に関する悩み
お医者さんへ無料相談
できます。

さっそく相談してみる さっそく相談してみる

50万人が利用する
ピルの相談・診察・処方アプリ

スマルナについて詳しく知る >

ピルを服用すると太るの?ピルにまつわるよくある疑問と誤解

低用量ピルは経口避妊薬(Oral contraceptives:OC)と呼ばれ、正しく服用すると99.7%という高い避妊効果が期待できます。
避妊だけでなく、生理のトラブル改善など嬉しい効果がさまざまありますが、副作用が気になりますよね。

「ピルを飲むと太る」や「ピルを飲んでいると将来不妊になる」といったウワサを聞くと、服用をためらう気持ちになることもあるかもしれません。
しかし、ピルは医師の指示のもと正しく服用すれば安全性の高いお薬であり、ネガティブなウワサは誤解かもしれません。
今回はそんなピルにまつわる疑問や誤解についてご紹介します。

ピルを服用すると太るの?

「ピルを飲むと太る」というウワサを聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?
実は、これは誤解です。ピルの服用と体重増加の関連についてお伝えします。

結論から言うと、「ピルの服用と体重増加に因果関係はない」ということが研究で分かっています。
つまり、「ピルを飲む=太る」ということはないので安心してくださいね。

ピルを飲むと太ると言われている理由

ではなぜピルを飲むと太ると言われているのでしょうか。

ピルには2つの女性ホルモンが含まれています。そのうちの1つである黄体ホルモンには、むくんだり食欲を増加させたりする作用があります。これは生理前と同じ現象です。

「え!?じゃあ太るじゃん!」と思う人もいるかもしれませんが、これは一時的なもの

ピルを飲み始めると体内のホルモンバランスが変化するため、一時的にむくんだり食欲が増したりする可能性があります。
ですが、低用量ピルに含まれるホルモン量は少ないので、飲み続けていくと体内のホルモンバランスが整い、いつもの状態に戻っていきますよ。ご安心くださいね。

また、ピルに含まれるもう1つの女性ホルモンである卵胞ホルモン(エストロゲン)にも水分を溜めやすくする作用があるので、体に余分な水分が溜まり、むくみやすくなります。
そのため、体重はあまり増えていなくても「太ったかな?」と感じてしまうことがあります。
しかし、これも一時的なもの。ピルを3ヶ月ほど飲み続けると治っていきます。

また、ホルモン成分の直接作用ではないですが、ピルで生理痛やPMSが軽くなり、体調が改善することで食欲が増える人もいます。

ピルにまつわるよくある疑問や誤解

「ピルを飲むと太る」という他にも、ピルの副作用やピルはどんなお薬なのか気になる人もいるのではないでしょうか。
ピルについて詳しくみていきましょう。

まず、ピルというお薬について説明します。

ピルは、ピルに含まれる女性ホルモンの配合量の違いによって種類が分かれています。
ホルモンの配合量が少ない順に、超低用量ピル、低用量ピル、中用量ピル、アフターピル(緊急避妊薬)と呼ばれており、それぞれ使用目的が異なります。

避妊や生理痛・月経前症候群(PMS)・月経困難症などの生理関連のトラブルを改善する用途には、低用量ピルが利用されることが一般的です。
そのほかにも、生理周期の安定やニキビの予防などの効果も期待できます。

月経不順の治療や、生理日移動の際は中用量ピルが、子宮内膜症の治療などには超低用量ピルが用いられます。

使用目的や症状に合わせてお薬が選択されますので、始めて服用するときは、困っている症状や心配な副作用を医師にしっかり伝えてくださいね。

それでは、ここからは低用量ピルにまつわる「よくある疑問」や「誤解」について説明します。

主な副作用は?

低用量ピルを服用することで体内のホルモンバランスが変化するため、ピルの飲み始めは副作用が出ることがあります。
主な症状としては、不正出血・吐き気・頭痛・むくみ・気分の変調・乳房の張りなど。
特に多いのは不正出血で、約20%の人に起こるとされています。

これらの副作用は、飲み続けると体内のホルモンバランスが整い、症状は治っていきますので、まずは3ヶ月ほど飲み続けてみてください。
ただ、あまりにも症状がひどい、不安を感じるなどの場合は医師に相談することをおすすめします。

ピルを服用すれば必ず避妊できる?

低用量ピルは、基本的に毎日同じ時間に1錠服用する避妊薬です。飲み忘れがあると避妊効果は下がるので気をつけてくださいね。

正しく服用すれば99.7%という高い避妊効果が期待できます

しかし、100%というわけではないので、コンドームなどの避妊具と併用することが望ましいでしょう。
また、コンドームは性感染症を防ぐことにも繋がります。

ピルを服用すると、将来妊娠しづらくならない?

基本的に長期にわたって低用量ピルを服用していても、将来の妊娠には影響はありません

ピルはホルモン量を調整し、排卵を抑制することで高い避妊効果が得られるお薬ですが、妊娠する機能をなくすものではありません。
排卵が抑制されるのは低用量ピルを服用している間だけで、服用をやめれば、ほとんどの人は1〜3か月で自然な生理周期と排卵が回復します。
排卵がストップしている間は、卵巣や子宮を休ませることができるんですよ。

ピルの影響で卵巣や卵子の性質が変わり、妊娠しにくくなるということもありません

ピルを服用すると、情緒不安定になる?

ピルの服用と、気分の変化(落ち込む、情緒不安定になる)などは因果関係がないとされています。
低用量ピルは月経前の不快な身体・精神症状を改善させる効果が期待できるため、むしろ生理前の不快症状に悩んでいる人は低用量ピルを服用することで気分の浮き沈みが改善する可能性があります。

ピルを服用すると肌荒れする?

ピルを飲むと肌荒れするという噂を聞いたことがある人もいるかもしれませんが、ピルにはニキビを改善する効果があることがわかっています。
ピルの飲み始めはホルモンバランスが乱れるためニキビができることがありますが、それは一時的なもの。飲み続けることで改善されます。

ピルに関する疑問や不安は「スマルナ」でご相談を

「ピルに興味はあるけど、やっぱり副作用が心配…」「誰に相談したらいいかわからない」というあなた。
「スマルナ」では、医師によるオンライン診察で、あなたに合ったピルの提案・処方を受けることができます。また、専門家(薬剤師や助産師)に無料相談も可能です!

「スマルナ」とは、医師によるオンライン診察やピルの処方を行っているサービスです。
オンライン上で自分にあったピルを提案・処方して貰うことができます。問診は24時間受け付けているので、忙しい人も安心!ピルは最短で翌日に自宅に届きます。

処方には、1ヶ月分や3ヶ月分のピルを処方する短期プランと、毎月ピルを届ける「定期プラン」があります。

「スマルナ」の無料相談サービス

スマルナでは、「スマルナ医療相談室」にて無料で薬剤師や助産師にピルや生理、避妊などのお悩みを相談することが可能です。

ピル服用中のトラブルや副作用の不安、気になることなどの相談も承っておりますので、安心して服用を始められます。
ご不安が少しでも解消されるよう専門家が詳しくお答えいたしますので、ぜひお気軽にご利用くださいね。
※処方は医師の判断に基づき行われます。

▼アプリをダウンロードしてピルについて相談してみる

不安や疑問はしっかり解消しよう!

今まで飲んだことがないお薬を飲む時は、飲み方や副作用など気になるもの。不安が解消されないまま、服用することは身体的にも精神的にもよくありません。
少しでも疑問や不安なことがある際は、医師や専門家に相談してから服用するようにしてくださいね。

オンライン・ピル処方サービス

  • AppStoreからダウンロード
  • GooglePlayで手に入れよう
スマルナについて詳しく知る

その他、お薬についてわからないことはアプリ内にある無料の「スマルナ医療相談室」にご相談ください。

医師監修:八木千賀
産婦人科(専門医)

アプリ
アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • GooglePlayで手に入れよう
CONTACT お問い合わせ

お気軽にご質問ください

スマルナのサービスについて、何か不安な点やご質問がある場合は、こちらのお問い合わせからお気軽にご相談ください。また、よくある質問もまとめてありますのでこちらもぜひご活用下さい。

女性