LOW PILL 低用量ピルに関するFAQ

低用量ピルに関するFAQ

低用量ピルを検討中の方 低用量ピルを検討中の方

低用量ピルの服用
に関する悩み
お医者さんへ無料相談
できます。

さっそく相談してみる さっそく相談してみる

50万人が利用する
ピルの相談・診察・処方アプリ

スマルナについて詳しく知る >

ピルの成分は何ですか?

低用量ピルには主に2種類の女性ホルモン(卵胞ホルモンと黄体ホルモン)が配合されています。

この2種類の女性ホルモンは排卵や生理に大きく関係しており、低用量ピルは1日1錠、決まった時間に服用することで女性ホルモンのバランスを整え、効果を発揮します。

スマルナのピル処方料金はコチラから

《低用量ピルの使用用途 》
・避妊
・生理にまつわるマイナートラブルの改善(生理痛や生理不順など)

誰にも言えない避妊や生理の悩み、ぜひご相談ください【スマルナで無料相談受付中】

《生理と女性ホルモンの関係》

生理サイクルに合わせて卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)は分泌量の増減を繰り返し、妊娠に適した環境を作るために働きます。

生理周期 概要
卵胞期 ・卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌量が増加
・子宮内膜が厚くなる
排卵期 ・脳から排卵を促す指令が出る → 排卵する
黄体期 ・黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌量が増加
・子宮内膜をさらに厚くし、受精卵を着床しやすくする
・基礎体温が上がる(高温期)
生理 ・妊娠が成立しないことで内膜がはがれ落ち、生理が始まる

低用量ピルを服用すると生理周期を28日サイクルに整えることができ、ホルモンバランスの改善や避妊に高い効果が期待できます。

参考:バイエル薬品株式会社 トリキュラー錠28添付文書 2020年6月改訂(第1版)

ホルモンバランスを整え、不快な症状から解放されたい方【ピル初処方の無料相談受付中】

オンライン・ピル処方サービス

  • AppStoreからダウンロード
  • GooglePlayで手に入れよう
スマルナについて詳しく知る

その他、お薬についてわからないことはアプリ内にある無料の「スマルナ医療相談室」にご相談ください。

医師監修:佐久間航先生(さくま診療所院長)
日本産科婦人科学会認定専門医
母体保護法指定医(大阪府医師会指定医)
日本女性医学学会員(一般社団法人日本女性医学学会認定専門医)
日本周産期・新生児医学会員(一般社団法人日本周産期・新生児医学会認定専門医)
日本東洋医学会認定漢方専門医

 

医師監修:苅田正子先生
日本産科婦人科学会認定専門医
母体保護法指定医(大阪府医師会指定医)
生殖医療専門医(一般社団法人日本生殖医学会認定専門医)

 

さくま診療所HP:https://www.sakumaclinic.com/

アプリ
アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • GooglePlayで手に入れよう
CONTACT お問い合わせ

お気軽にご質問ください

スマルナのサービスについて、何か不安な点やご質問がある場合は、こちらのお問い合わせからお気軽にご相談ください。また、よくある質問もまとめてありますのでこちらもぜひご活用下さい。

女性