Low dose pill

100万人が利用する
ピルの相談・診察・処方アプリ

スマルナについて詳しく知る

喫煙者は低用量ピルを飲むことができますか?

低用量ピルの副作用の一つに血栓症があります。
血栓症は血の塊が血管を塞いでしまう病気で、詰まる箇所によって肺塞栓症、脳梗塞、心筋梗塞などの重篤な疾患に繋がります。

喫煙は特に血栓症のリスクを高めるため、下記に該当する場合は低用量ピルの服用ができません。

■35歳以上で1日15本以上喫煙する場合
35歳以上で1日15本以上まではいかずとも、習慣的に喫煙している場合も血栓症のリスクが高いため、原則的に服用はできません。

35歳以下で習慣的に喫煙している方においては、血栓症リスクに鑑みて処方を慎重に検討します。

どの年齢においてもタバコは血栓症リスクを高めるため、ピル服用中は禁煙することを強くおすすめします。

参考:日本産婦人科学会編 OC・LEPガイドライン 2020年度版

スマルナのピル処方料金はコチラから

その他、お薬についてわからないことはアプリ内「質問」から、スマルナ医療相談室でご相談ください。

医師監修:小林克弥先生
日本産科婦人科学会認定専門医
母体保護法指定医
日本医師会産業医

参考:PILL FACTBOOK(経口避妊薬ファクトブック)

今すぐアプリで診察

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playからダウンロード
スマルナアプリ QRコード

お気軽にご質問ください

スマルナのサービスについて、何か不安な点やご質問がある場合は、お気軽にご相談ください。
お薬についてはアプリ内「質問」にある、スマルナ医療相談室にて助産師・薬剤師に無料でご相談いただけます。
スマルナ内ご相談先をまとめましたので、下記ボタンよりご確認ください。