LOW PILL 低用量ピルに関するFAQ

低用量ピルに関するFAQ

低用量ピルを検討中の方 低用量ピルを検討中の方

低用量ピルの服用
に関する悩み
お医者さんへ無料相談
できます。

さっそく相談してみる さっそく相談してみる

ピルの価格について

低用量ピル/定期便プラン

2,380円(税込)~/1シート

※別途、診察代1,500円(税込)がかかります。
※配送料はおくすりの値段に含まれております。

料金について詳しくはこちら

生理前にニキビが出るのが嫌。低用量ピルで症状改善が期待できますか?

低用量ピルの副効用の一つにニキビの改善があります。

スマルナのピル処方料金はコチラから

生理前の肌荒れやニキビは、女性ホルモンのバランスの変化が大きく影響しています。

体内では排卵後から生理前にかけて、女性ホルモンの一つ「黄体ホルモン」の分泌が盛んになります。黄体ホルモンには皮脂の分泌を促す作用があるため、毛穴のつまりやニキビなどの肌トラブルを引き起こすことがあります。

ホルモンバランスを整え、不快な症状から解放されたい方【ピル初処方の無料相談受付中】

低用量ピルには卵胞ホルモンと黄体ホルモンが配合されており、服用を継続することで体内のホルモンバランスを整え、ニキビなどの肌トラブルを改善する効果が期待できます。ただし、ニキビ跡には効果がありません。
人によってはピルを飲み始めた時期に、副作用としてニキビや肌荒れが起こるケースもあります。ほとんどの場合は一時的なもので、3ヶ月ほど飲み続けることでホルモンバランスが整い、ニキビも改善されていきます。

ただ、ニキビはあるだけでとても憂鬱な気持ちになりますよね。
もし症状が気になる、酷い、治らないなど悩んでいる場合は、ひとりで悩まず医師や「スマルナ医療相談室」で相談してみてくださいね。

低用量ピルの副作用で悩んでいる方へ【スマルナで無料相談受付中】

オンライン・ピル処方サービス

  • AppStoreからダウンロード
  • GooglePlayで手に入れよう
スマルナについて詳しく知る

その他、お薬についてわからないことはアプリ内にある無料の「スマルナ医療相談室」にご相談ください。

医師監修:佐久間航先生(さくま診療所院長)
日本産科婦人科学会認定専門医
母体保護法指定医(大阪府医師会指定医)
日本女性医学学会員(一般社団法人日本女性医学学会認定専門医)
日本周産期・新生児医学会員(一般社団法人日本周産期・新生児医学会認定専門医)
日本東洋医学会認定漢方専門医

 

医師監修:苅田正子先生
日本産科婦人科学会認定専門医
母体保護法指定医(大阪府医師会指定医)
生殖医療専門医(一般社団法人日本生殖医学会認定専門医)

 

さくま診療所HP:https://www.sakumaclinic.com/

アプリ
アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • GooglePlayで手に入れよう
CONTACT お問い合わせ

お気軽にご質問ください

スマルナのサービスについて、何か不安な点やご質問がある場合は、こちらのお問い合わせからお気軽にご相談ください。また、よくある質問もまとめてありますのでこちらもぜひご活用下さい。

女性