LOW PILL 低用量ピルに関するFAQ

低用量ピルに関するFAQ

低用量ピルを検討中の方 低用量ピルを検討中の方

低用量ピルの服用
に関する悩み
お医者さんへ無料相談
できます。

さっそく相談してみる さっそく相談してみる

50万人が利用する
ピルの相談・診察・処方アプリ

スマルナについて詳しく知る >

低用量ピルを飲むとガンになるというのは本当ですか?

卵巣がんや子宮体がん、大腸がんのリスクは低減するということが分かっています。

卵巣がんや子宮体がんは発見が難しいがんで、特に卵巣がんは進行が早い病気。乳がんや子宮頸がんは長期服用でわずかに罹患リスクが上昇することが知られていますが、これらのがんのリスクを下げる効果があるのです。

スマルナのピル処方料金はコチラから

一方で、リスクがわずかながら上がるといわれているのは乳がんと子宮頸がんです。

子宮頸がんは、コンドーム無しのセックスなどにより、ヒトパピローマウイルス(HPV)という性感染症に感染リスクが高まることが挙げられます。
また、HPVに感染した場合、低用量ピルの服用によってHPVを排除する働きが抑制されてしまう可能性があると言われています。

HPVワクチンの接種や、ピルを服用中もコンドームを使用し、感染予防を行いましょう。

参考:日本産婦人科学会編 OC・LEPガイドライン 2020年度版

低用量ピルのリスクについて詳しく知りたい方へ【ピルについての無料相談受付中】

オンライン・ピル処方サービス

  • AppStoreからダウンロード
  • GooglePlayで手に入れよう
スマルナについて詳しく知る

その他、お薬についてわからないことはアプリ内にある無料の「スマルナ医療相談室」にご相談ください。

医師監修:佐久間航先生(さくま診療所院長)
日本産科婦人科学会認定専門医
母体保護法指定医(大阪府医師会指定医)
日本女性医学学会員(一般社団法人日本女性医学学会認定専門医)
日本周産期・新生児医学会員(一般社団法人日本周産期・新生児医学会認定専門医)
日本東洋医学会認定漢方専門医

 

医師監修:苅田正子先生
日本産科婦人科学会認定専門医
母体保護法指定医(大阪府医師会指定医)
生殖医療専門医(一般社団法人日本生殖医学会認定専門医)

 

さくま診療所HP:https://www.sakumaclinic.com/

アプリ
アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • GooglePlayで手に入れよう
CONTACT お問い合わせ

お気軽にご質問ください

スマルナのサービスについて、何か不安な点やご質問がある場合は、こちらのお問い合わせからお気軽にご相談ください。また、よくある質問もまとめてありますのでこちらもぜひご活用下さい。

女性