LOW PILL 低用量ピルに関するFAQ

低用量ピルに関するFAQ

低用量ピルを検討中の方 低用量ピルを検討中の方

低用量ピルの服用
に関する悩み
お医者さんへ無料相談
できます。

さっそく相談してみる さっそく相談してみる

50万人が利用する
ピルの相談・診察・処方アプリ

スマルナについて詳しく知る >

低用量ピルを飲むと血栓症で亡くなる場合があるというのは本当ですか?

血栓症とは、血液の一部が固まって血の塊(血栓)となり、血管が詰まってしまう病気です。詰まる箇所によって肺塞栓症、脳梗塞、心筋梗塞といった重篤な病態に繋がります。

ピルを飲んでいない人が血栓症を発症する割合は年間1万人に1~5人であるのに対し、ピルを飲んでいる人は3~9人とわずかながらリスクが高くなります。

ですが、もし血栓症を発症しても、適切な治療を行うことでおよそ99%の方は命にかかわることはありません。

低用量ピルの副作用が心配な方へ【スマルナで無料相談受付中】

なお、下記に該当する人は血栓症のリスクが高くなり、ピルの処方が難しい場合もあります。

・タバコを吸う人
・40歳以上の人
・脳梗塞などを生じやすい危険な前兆を伴う片頭痛のある人
・高血圧の人
・肥満の人
・糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病にかかっている人
・過去に血栓症に関連する病気にかかったことがある人
・過去に乳がんや子宮体がんを発症したことがある人
・家族が血栓症に関連する病気にかかったことがある人

この他にも大きな手術や長時間のフライトなどを控えていたり、まれな疾患で処方が難しい方もおりますので、その都度医師と相談することをおすすめします。

なお、低用量ピル内服中に下記の症状を認める場合には、低用量ピルの服用をすぐに中止し、医療機関を受診してください。

A:abdominal pain (激しい腹痛)
C:chest pain(激しい胸痛、息苦しい、押しつぶされるような痛み)
H:headache(激しい頭痛)
E:eye / speech problems(見えにくい所がある、視野が狭くなる、舌のもつれ、失神、けいれん、意識障害)
S:severe leg pain(ふくらはぎの痛み・むくみ、ふくらはぎを握ると痛い、赤くなっている)

低用量ピルの服用による血栓症は、服用開始後3か月~半年の間に起こりやすいとされています。
自己判断で低用量ピルの中止・再開を繰り返すと、血栓症のリスクを高めることになり得るため、必ず医師の指導を受けるようにしましょう。

参考:日本産婦人科学会編 OC・LEPガイドライン 2020年度版

私は大丈夫?ピルの検討・服用中のサポートも充実【スマルナでピルを処方】
スマルナのピル処方料金はコチラから

オンライン・ピル処方サービス

  • AppStoreからダウンロード
  • GooglePlayで手に入れよう
スマルナについて詳しく知る

その他、お薬についてわからないことはアプリ内にある無料の「スマルナ医療相談室」にご相談ください。

医師監修:小林克弥先生
日本産科婦人科学会認定専門医
母体保護法指定医
日本医師会産業医

参考:PILL FACTBOOK(経口避妊薬ファクトブック)

アプリ
アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • GooglePlayで手に入れよう
CONTACT お問い合わせ

お気軽にご質問ください

スマルナのサービスについて、何か不安な点やご質問がある場合は、こちらのお問い合わせからお気軽にご相談ください。また、よくある質問もまとめてありますのでこちらもぜひご活用下さい。

女性