1. TOP
  2. FAQ
  3. Low dose pill

Low dose pill

100万人が利用する
ピルの相談・診察・処方アプリ

スマルナについて詳しく知る

低用量ピルの偽薬(休薬)期間も避妊効果は続いていますか?

偽薬期間が終わり、次のシートを飲み忘れることなく服用すれば、偽薬期間も避妊効果が持続します。21錠タイプの方も、お薬を飲まない休薬期間後に次のシートを正しく飲み始めることで避妊効果が持続します。
低用量ピルは基本的に1シート28日周期で構成されており、偽薬期間・休薬期間は7日間設けられています。

スマルナのピル処方料金はコチラから

【21錠タイプの低用量ピル(OC)の場合】
21錠の実薬(ホルモンが入っているお薬)を毎日決まった時間に服用し、7日間休薬します。その後、次のシートを飲み始めます。

【28錠タイプの低用量ピル(OC)の場合】
21錠の実薬を毎日決まった時間に服用し、7日間はホルモンの成分が入っていないプラセボ(偽薬)を服用します。1シート服用が終わったら、次のシートを飲み始めます。
なお、プラセボは飲み忘れを防ぐために用意されており、飲み忘れても問題ありません。もし飲み忘れた場合はその1錠を破棄しましょう。

通常7日間とされる偽薬期間・休薬期間が8日以上空いてしまった場合、避妊効果に影響が出る場合があります。その後の服用方法や避妊効果について、お薬を処方してくれた医師にご相談ください。
偽薬期間・休薬期間前後の飲み忘れには注意しましょう。

なお、偽薬期間・休薬期間も避妊効果は継続しますが、出血がある期間の性交渉は性感染症への感染リスクが高くなります。健康のためにもできるだけ控えることをおすすめします。

その他、お薬についてわからないことはアプリ内にある無料の「スマルナ医療相談室」にご相談ください。

医師監修:佐久間航先生(さくま診療所院長)
日本産科婦人科学会認定専門医
母体保護法指定医(大阪府医師会指定医)
日本女性医学学会員(一般社団法人日本女性医学学会認定専門医)
日本周産期・新生児医学会員(一般社団法人日本周産期・新生児医学会認定専門医)
日本東洋医学会認定漢方専門医

 

医師監修:苅田正子先生
日本産科婦人科学会認定専門医
母体保護法指定医(大阪府医師会指定医)
生殖医療専門医(一般社団法人日本生殖医学会認定専門医)

 

さくま診療所HP:https://www.sakumaclinic.com/

今すぐアプリで診察